見聞読考録

進化生態学を志す若手研究者のブログです。NZ 在住。

覚記

ブラックホールの内部を記述?

面白そうなプレスリリースが,理化学研究所より公表されていた。 蒸発するブラックホールの内部を理論的に記述 - ブラックホールは未来の大容量情報ストレージ? Original Article: Kawai H and Yokokura Y, 2020. "Black Hole as a Quantum Field Configura…

日本人間行動進化学会の声明文

最近騒がれている自民党による科学の誤謬に対する指摘と抗議を,日本人間行動進化学会が表明した。素晴らしい声明文と思う。一読の価値がある。 「ダーウィンの進化論」に関して流布する言説についての声明https://www.hbesj.org/wp/wp-content/uploads/2020…

あなたの知らない○○ワールド

あなたの知らない○○ワールド第7回 ウオノエの世界 ~カワイイ顔して,魚に寄生する甲殻類https://buna.info/runningstory/2861/?fbclid=IwAR0jjCumL1162JZBIHTkFy-VqgWCI4z6HBNafnGgJxmeAorupxa94KjTwzg 友人,って言って良いのかな。知り合い,って言った…

コロナ禍の景色 - 雲ノ平山荘

kumonodaira.com 特集:登山自粛論 - 雲ノ平山荘 理知的で,示唆に富んだ文章に,思わず唸ってしまった。言葉の運びも美しい。 斜めに読んだので,後でまたじっくり読み直そう。 見聞読考録 - 2020/05/24

数理科学を使えば統計の "主義" を争う必要ない,という主張について検討する

「数理科学を使えば統計の"主義"を争う必要ない」という主張について検討する人はやがて死ぬ - 2020/04/11 面白い。彼もいよいよ大物になってきたなぁ。 見聞読考録 2020/05/08

川那部浩哉博士のインタビュー

面白い記事を読んだ。 前川光司・渡辺勝敏(2020)インタビュー「先達に聞く」:川那部浩哉.魚類学雑誌 67: 138–156 歴代の大先生がたくさん登場し,戦後日本の生態学がいかに形成されてきたかを垣間見れる。同時に,日本の生態学の未来に思いを馳せた。 私…

オンライン授業のアレコレ

疫病のパンデミックは有史以来,様々な局面で猛威を奮ってきた。近年のものとしては,下記が代表的と言えよう。 1918-20 年 スペインかぜ(インフルエンザ A/H1N1) 1957-58 年 アジアかぜ(インフルエンザ A/H2N2) 1968-69 年 香港かぜ(インフルエンザ …

五箇公一博士の警告

www.youtube.com COVID-19 の拡大する現代に,それから生物多様性の危機が訪れる未来に,響く金言がたくさん。是非ご覧ください。 見聞読考録 202004/14

日本の感染症床使用率

素晴らしいサイトがある。都道府県別の感染症床使用率を明示したサイトである。 www.stopcovid19.jp 現在,我々が置かれた状況がいかに逼迫したものかがひと目でわかる。東京,神奈川,京都,福岡などではすでに COVID-19 の入院の必要な感染者の数が用意さ…

地球温暖化問題の現状

恐ろしい記事を読んだ。 www.esquire.com 恐ろしくはあるが,特に驚きはない。こういう時代に,我々は生きているのだ。 近い将来,地球がダメになったときに,現代を見返してああだこうだと後悔することになるだろう。2020 年のあの大事なときに,安倍なんち…

オーストラリアの山火事

オーストラリアを焼く山火事が,前代未聞のレベルに達している。昨年から続く山火事で630 万ヘクタールもの広大な森林が燃え尽きてしまったという。630 万ヘクタールと言えば,関東圏7県全域に,静岡,山梨,長野,愛知の4県を加えた面積よりさらに広大な…

NZ の地名

年明け2日,新しい家に引っ越した。今年2月の出国に向け,家具や家電を処分する必要があったためである。 こちらで知り合った友人夫妻が,我々の出国と入れ替わるように長期休暇を取っており,長らく家を空けることになっていた。そこに,我々があやかった…

Arctic Awakening

地球温暖化とそれに伴う気候変動,また深刻な海洋汚染に関する素晴らしい動画を見た。2017年に私が滞在していたスバールバル諸島の基地が舞台になっている。私もお世話になった Dr. Geir Wing Gabrielson もかっこよくしゃべっている。 vimeo.com 温暖化は時…

Ancient Earth

何やら面白いサイトを見つけた。 dinosaurpictures.org これは何かに使えるかもしれない。 見聞読考録 2019/06/23

『湿地帯中毒』

中島淳博士の書かれた自伝「湿地帯中毒」をいただいた。前々から読みたい読みたいと思っていた本だったので,嬉しい限りである。しかもサイン入りでいただけるとは思いもよらなかった。僕は購入するつもりで声をかけたのに,ささっと送っていただけるとは,…

友人のブログ

友人が書くブログ「ECOSTATS」が面白い。有名な学術雑誌に自身の論文を載せ,学会の大賞を受賞し,若くして才能を開花させている努力の人。自慢の友人である。 多少小難しいところもあるが,少なくとも科学界隈の住人には面白く読んでもらえるだろう。久々に…

メモメモ...

マカラでアワビを採りに潜りました! - NZ を体験! ニュージーランドの奇岩『モエラキ・ボルダーズ』訪問は満潮/干潮どっちがベスト? - Nature New Zealand 無料で野生のイエローアイド(キガシラ)ペンギンが見れるスポット 5 選 - Nature New Zealand 行…

Photo Gallery の更新

NZ に来て最初に行った旅行の写真を選抜して公開した。もう4ヶ月も前になるのか,光陰矢の如しとは良く言ったものだ。 その早さとは裏腹に,今日紹介する燃える夕日のような光も,昨日紹介した月暈(ツキガサ/ゲツウン)のような陰もあった。つくづく充実…

人気記事ランキング1位2位独占

2018年8月29日 09:41現在(NZ 時間),私の寄稿した2つの記事が academist Journal 人気記事ランキングの1位と2位を占めている。昔のカタツムリの記事まで取り上げられようとは,ありがたい。ナメクジの出現を予測する! https://academist-cf.com/journa…

Reserve and Sanctuary

私の住む Palmy (Palmerston North) から北に二時間ほど車で走ったところにある,Bushy Park Sanctuary に行ってきた。3泊4日の調査旅行である。およそ 100 ha の小さな森だが,平地では珍しく NZ 本来の自然が残された,巨木の林立する素晴らしい森だった。…

明けましておめでとうございます!

ヨーロッパで送る初めての年末年始。 美しいものをたくさん拝んでおります。 楽しかったヨーロッパでの日々もあと少し。 最後にあとひとつ,研究発表が残っているけれども,まぁせいぜい頑張ってこなすことにします。 そして今年も,実り多き年にできるよう…

毎日出版文化賞・自然科学部門

千葉さんすごい!! おめでとうございます!! 毎日出版文化賞の人々/千葉聡さん https://mainichi.jp/articles/20171107/dde/018/040/009000c 僕の周りの人は皆,口を揃えて,大傑作だというので,皆さんも是非。 ちなみに僕はまだ読んでいません,これを…

祝・イグノーベル賞!北大・吉澤和徳准教授!

いつも良くしてもらっている北大の吉澤和徳准教授と彼の研究チームのメンバーが,2017 年のイグノーベル賞を受賞! すごい!おめでとうございます! まさかこんな身近なところから受賞者が出ようとは,嬉しい限り。 見聞読考録 2017/09/15

www.arcticexplorer.no

北極圏の旅もいよいよ大詰めに差し掛かってきた。 二ヶ月もあったのに,早いものだ。 帰りは,ロングイェールビーンに数泊する。 あわよくば何か得るものがあるかもしれないと思って,余裕を持たせておいた。 どこかいいところはないかと問うたところ,Baren…

Erik van Nommen

同じ建物に,Erik van Nommen さんという画家さんとその奥さんが泊まっている。 ものすごい速度で,ものすごい美しい絵を描く。風景や動物,鳥類なんかを好んで描くようだ。 今日,Website を教えてもらった。 Erik van Nommen http://www.erikvanommen.nl …

2017年06月12日の出来事。

極域研究の聖地・ニーオルスンに到着した,昨日の話。というか,日記。 08:00|起床。パンとハムで朝食を。 10:00|タクシーを呼んで,空港へ。こっちの人は,時間をきっちり守るので,ちょっと緊張する。 11:30|悪天候(霧)の影響で,ロングイエールビー…

オランダのホームセンター

さてそろそろ研究の計画も煮詰まってきたことだし,機材を買い足さなければ。 でも,オランダにホームセンターなんてあるんだろうか。 と思ったら,けっこうあるらしい。 オランダでホームセンターに行こう! - オランダなう PRAXIS, GAMMA が大きいらしい。…

TREE - 柿崎順一・作

TREE と聞けば,大多数の人はそのまま「木」を思い浮かべるだろう。 僕は「系統樹」を思い浮かべる。例えば,生物の系譜を示した樹形図である。 あるいは,総説ばかりを掲載した雑誌「TREE: Trends of Ecology and Evolution」か。 そういう意味で,TREE と…

J.K. Rowling さんの Twitter

かの有名なハリーポッターシリーズの作者,J.K. Rowling さんが,Twitter でカタツムリの殻振り行動を紹介してくださった!なんてこった! 中学生のときに「ハリーポッターと賢者の石」を読んでドハマリし,これをきっかけに図鑑以外の本を読むようになった…

新しい名刺

せっかく早く帰れたので,仕事でも。 意気揚々と取り掛かったは良いものの。 眠い。とてつもなく眠い。 よって,眠くならないことをすることにした。 そして新しい名刺ができあがった。 こちらが,表。 北海道のカタツムリということで,アイヌの文様を参考…