見聞読考録

進化生態学を志す若手研究者のブログです。NZ 在住。

雑記

地球温暖化問題の現状

恐ろしい記事を読んだ。 www.esquire.com 恐ろしくはあるが,特に驚きはない。こういう時代に,我々は生きているのだ。 近い将来,地球がダメになったときに,現代を見返してああだこうだと後悔することになるだろう。2020 年のあの大事なときに,安倍なんち…

オーストラリアの山火事

オーストラリアを焼く山火事が,前代未聞のレベルに達している。昨年から続く山火事で630 万ヘクタールもの広大な森林が燃え尽きてしまったという。630 万ヘクタールと言えば,関東圏7県全域に,静岡,山梨,長野,愛知の4県を加えた面積よりさらに広大な…

NZ の地名

年明け2日,新しい家に引っ越した。今年2月の出国に向け,家具や家電を処分する必要があったためである。 こちらで知り合った友人夫妻が,我々の出国と入れ替わるように長期休暇を取っており,長らく家を空けることになっていた。そこに,我々があやかった…

新年,明けましておめでとうございます

年末大晦日も,年始元日も,共に調査に出かけてしまった私です。 2月の出国を控え,年明け6日には近くの家へ引っ越しも終えました。 忙しくも充実した素晴らしい年明けだったと言えるでしょう。 そう,引っ越しのクソ忙しい最中に調査に行っちゃったんです…

年の瀬

クリスマスも過ぎ,大学も閉鎖され,いよいよ年の瀬と言える日々を過ごしている。気候的には真夏なので,慣れ親しんだ年の瀬とはかけ離れているが。 2月中旬の出国に先立ち,年明け2日に,こちらで知り合った知人宅へ引っ越しをすることになった。ちょうど…

化石賞受賞

最初の「化石賞」に日本 - COP25 - 経産相発言を批判https://www.asahi.com/articles/ASMD410FTMD3ULBJ00J.html 日本政府の皆様,もう何度目かもわからない「本日の化石賞」の受賞,おめでとうございます。もはやあなた方に私は何も期待していないので,日本…

Arctic Awakening

地球温暖化とそれに伴う気候変動,また深刻な海洋汚染に関する素晴らしい動画を見た。2017年に私が滞在していたスバールバル諸島の基地が舞台になっている。私もお世話になった Dr. Geir Wing Gabrielson もかっこよくしゃべっている。 vimeo.com 温暖化は時…

ラグビーワールドカップ

ニュージーランドのオールブラックスが,昨夜の三位決定戦でウェールズに大勝し,オールブラックスは今回の W 杯のすべての試合を消化した。あの強い強い南アフリカやらアイルランドやらウェールズやらに勝っての三位である。今大会で初めて決勝リーグに進み…

隣国・オーストラリア

オーストラリアのことを調べていたら,なにやらタイムリーな話題に行き当たった。 なんと,エアーズ・ロックことウルルの登山が禁止となるそうだ。それもあと二日で! www.huffingtonpost.jp 知らなかった。ちょっと登ってみたかったが...。 理由は原住民で…

日常英語

こんなメールが来た。 "Hi something has come up will visit at 1pm if thats ok" 英語は,主語・述語・目的語の順で並びます。なんて習ってきた我々には,極めて難解な英語に違いない。 省略のない本来の英文に書き直すと,下記のようになる。 "Hi, someth…

WTF

久々に風邪を引いたので,家でのんびり。"Silver Lining" というアメリカ映画を観た。しばらく感傷に浸れる素敵な映画だった。演技もすごいし,テンポも良い。良い映画だ。 しかしアメリカ映画は実に頻繁に "F**k!" と言い放っている。事あるごとに "F**kin …

環境危機と世界の動向

最近の日本のニュースは,ため息とともに頭を抱えるようなものばかりだ。 今日見たこの記事も,それ。 「外国人が働きたい国」で日本が 33 カ国中 32 位 - #SHIFT 憂鬱になる一方,ショッキングだとは思わない。 感想としては,「まぁそうだろうね」といった…

ラグビーワールドカップ

日本は開幕戦を勝利で飾ったらしい。素晴らしい。 来年のオリンピックとは違って,大会自体がとても歓迎されているように思える。ラグビーのメッカであるここニュージーランドでも,行く先々でラグビーワールドカップの話を持ち出される。いや,ここニュージ…

またバズってる...!!

昨年 6 月に academist Journal に公開された外来ナメクジの記事が,またバズっているみたいです。昨年 8 月に最初にバズったときは,数万回はツイートされたので,それと比べれば規模は小さいとは思いますが。。 興野さん! 神さん! 中野さん! 渡辺さん!…

Snailed it!!

ちょうど一週間前になろうか,ニュージーランドの中学生を相手にカタツムリの研究を紹介してきた。40 分くらいの講演だったが,反応も良く楽しんでもらえたのではないかと思う。 数人の生徒さんに至っては,まだ十歳かそこらなのに,恐ろしく的を射た質問や…

暖炉の火

ニュージーランド/北島の学園都市・パーマストンノースの冬は,どうやら雨が多いようだ。そろそろ6月に入ろうというこのところ,毎日のように冷たい雨が降っている。寒空に降りしきる灰色の雨を見ていると,寂しくも美しいオランダの冬を思い出す。 夜にな…

コーヒー + エタノール

標本整理を進める昨今。貝類や昆虫の液浸標本を作るには,エタノールを使う。 組織を保存しようとするのなら,70% ほどのエタノールに漬ける。DNA を保存しようとするのなら,筋肉などの組織を100% に近いできる限り純粋なエタノールに漬ける。 単純だが,と…

快晴の日曜日

怒涛の調査の日々もようやく一段落し,久々に落ち着いた日曜日を過ごしている。 古巣の後輩より,嬉しい知らせもあったし。 さて,次を何とかしなければ。 見聞読考録 2019/05/19

冬支度

パイン材やら Cupressus macroparpa(マクロカルパ)やらの薪を 4 m^3 まとめて 450 NZD で購入した。今月始めのことである。 NZ はすっかり秋めいて,雨降りの日などはすでに肌寒いほどである。ついに暖炉に火を入れるようになり,二度目の冬を間近に感じる…

イースター・デイ!

今日は,イースターである。春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に行われる祝の日だ。 日本語では,復活祭と言う。イエス・キリストが,十字架に架けられた三日後に復活したことを祝う日として,海外ではクリスマスよりも重要視されているとも聞く。 二年…

33 歳,じゃなかった。

今月 13 日で 33 歳になったのだと思っていたのに,実際は 32 歳になったばかりだと気づいて心底驚いた私です。なんだか得した気分です。皆さま,お祝いのコメントをありがとうございました。 今後とも末永くどうぞよろしくお願いします。3 月に神戸にいらっ…

Happy New Year 2019!!

NZ は Palmerston North の中心地 "Square" にて,カウントダウンのイベントに参加してきた。プロ歌手らの生演奏を聞きながら年明けを待ち,10 カウントののちに花火と共に新年を迎えるという海外のものとしては非常にオーソドックスなやつだ。思い返せばこ…

クリスマスな 12 月

NZ は,欧米である。少なくとも文化的にはキリスト教圏の影響が強い。そして1年で最もその特徴が色濃く現れるのが,生誕祭である 12月25日。そう,クリスマスである。 12月に入ってからというもの,ここ Palmy(Palmerston North の愛称)でもイベントが目…

宿泊施設のキャンセル

予約していた宿泊施設にキャンセルされる,という経験を初めてした。うわぁびっくりした。 今から他の宿を取り直すと,5万円以上も高い宿しか残っていないようだ。うわぁなにこれ。すっごい。 見聞読考録 2018/11/18

ハロウィン

昨日はハロウィンだった。近年日本でも流行ってきているようだが,NZ はさすがにヨーロッパ文化圏。本物のハロウィンを体感してしまった。 ラボから戻り,一息ついた午後6時半。 なんだか可愛らしいオバケの一団がどかどかどかーっとやってきた。 "Trick or…

地震

揺れたぜ!やっぱり NZ も地震のある国だなぁ! M 6.7 だったらしい,震源地に近い街は大丈夫だろうか? https://www.geonet.org.nz 隣のスペイン人と一緒になって騒ぎながらも,「Science is more important!」などと言って結局は仕事を続けている。NZ の人…

芝刈り

NZ で借りている家は,幸運なことに,とても大きい。庭も広い。 大きいことは良いことだ。 春が過ぎ,夏の気配が色濃くなり,庭の芝も伸びてきた。 ああ,芝の中にキク科の白い花が咲き乱れている。黄色い花も,あれはウマノアシガタに似ている。塀に沿って…

札幌の地震

日本の皆さん,ご無事ですか? 台風だけでもとんでもない被害だったというのに,加えて都市直下型の地震だなんて。。 前にも似たようなことを思ったが,日本は本当に災害の多い国である。NZ だって世界的に見れば少ない方ではないはずだが,それでも日本と比…

祖母の葬儀

祖母の葬儀があり,急遽,福島に行ってきた。享年 95 歳となった祖母は,息子のいる自宅で眠るように息を引き取った(というより,眠っている最中に息を引き取った)とのことだったので,これ以上は望めないだろう。私自身もたった二ヶ月前に元気な姿を拝ん…

担当者さん頑張って!!

論文が公開されてからちょうど三週間,大学にプレスリリースを依頼して19日間が過ぎた。 にもかかわらず,未だに発行されずにいる。遅い。 何やら何度も会議を重ねて,いろいろな人を経由しているようだが,それにどれほどの意味があるのか。 例え論文の価値…