見聞読考録

進化生態学を志す若手研究者のブログです。NZ 在住。

ニュートピ!・ランキング1位

運営社によれば「Twitter で話題になっているトピックス・ニュースを網羅的に見ることが出来るニュースサイト」とある「ニュートピ!」というサイトで、2019年6月23日〜6月29日の間で最もポイントの高かった「ゆるいニュース」として、ナメクジと市民科学の記事が紹介されました。

 

f:id:kenbun:20190701153556p:plain

 

でもこの記事、昨年6月に公開された記事なんです、すみません。ニュース、ってなんでしたっけ。。

 

 

見聞読考録 2019/07/01

またバズってる...!!

昨年 6 月に academist Journal に公開された外来ナメクジの記事が,またバズっているみたいです。昨年 8 月に最初にバズったときは,数万回はツイートされたので,それと比べれば規模は小さいとは思いますが。。

 

興野さん! 神さん! 中野さん! 渡辺さん! 大久保さん!

またバズってますよー!!

 

f:id:kenbun:20190628195912p:plain

 

f:id:kenbun:20190628195919p:plain

 

f:id:kenbun:20190628195947p:plain

 

今回だけで,5000 回以上もツイート?リツイート?されたようです。

そして,皆さん英雄みたいになってます! すごい!

周りの人たちに自慢してやってください。

 

それから改めて,皆さんありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

 

 

見聞読考録 2019/06/28

ただいま NZ

実は日本に帰ってました。

とはいっても,全日程を京都で過ごしましたが。。

 

京都は素晴らしい。

奥深い街だ,やはり街は古い方が良い。

 

行ってみたかった建仁寺にも行ってきた。

風神雷神の金屏風や,雲龍の襖絵ほか,見どころ満載の禅寺である。あまりに居心地が良く,気づいたら枯山水を拝む縁側で座禅を組んでいた。

 

緊張感のある,全般的に気もそぞろな旅路だったので,束の間とはいえ心を落ち着かせられたのはたいへん助かった。いずれ住んでみたい街である。

 

 

見聞読考録 2019/06/19

論文と記事と

北海道の黒松内低地帯で行った研究がこの度,論文になりました。2015 年度に黒松内町から,2016 年度に日本土壌動物学会から助成をいただいて遂行したものです。


Morii Y*, 2019. The influence of deforestation on the land snail fauna of Kuromatsunai District, southwestern Hokkaido, Japan. VENUS, 77: 15–26.

 

森井悠太*.黒松内低地帯周辺の陸産貝類相,およびヤマナメクジの分布北限の記録.小樽市総合博物館紀要,accepted.

 

不慣れな分野に飛び込んだため,ものの見事に洗礼を受け,出版まで相当時間がかかってしまいました。とはいえ,それも含めとても良い勉強になったと思いますし,何よりお世話になった皆さんに無事に成果を還元することができそうでほっとしています。関係者の皆さんに心よりの感謝を。

 

academist Journal というウェブマガジンに,上述の論文の内容を一般向けに解説した記事を寄稿したので,良ければご覧ください。

 

タツムリが語る森の歴史 – 北海道黒松内町のブナ林に残された 100 年前の森林伐採の影響 – academist Journal

 

おぉ,ちょっとすっきりした。次行こう,次。

 

 

見聞読考録 2019/06/06

Snailed it!!

ちょうど一週間前になろうか,ニュージーランドの中学生を相手にカタツムリの研究を紹介してきた。40 分くらいの講演だったが,反応も良く楽しんでもらえたのではないかと思う。

 

数人の生徒さんに至っては,まだ十歳かそこらなのに,恐ろしく的を射た質問や意見を繰り出してきたので,面食らってしまった。途中に口を挟まれ熱弁を振るわれたときなどは,私の話す内容がなくなってしまうのではないかとさえ思った。

 

そんな将来有望なニュージーランドの子供たちからいただいたメッセージカードがこちら。

f:id:kenbun:20190604142259j:plain

 

Well done!! よくやった!というような意味のスラングとして使われる "Nailed it" という言葉と,カタツムリ "Snail" をかけたメッセージだ。上手い。座布団一枚。

 

何かの機会に使わせてもらおう。

 

 

見聞読考録 2019/06/04