見聞読考録

進化生態学を志す若手研究者のブログです。NZ 在住。

『歴史はべき乗則で動く』/『異端の数ゼロ』

手元に現物があるうちに,書いておこうと思う。ずーっと昔(四年前くらい?)に読み始めて,最後の方まで読んだのに,読みきる前になぜか放ったらかしになっていた本を二冊読んだ。

  

f:id:kenbun:20190330111936j:plain

 

歴史は「べき乗則」で動く

マーク・ブキャナン(Mark Buchanan・著)

ハヤカワ文庫

 

異端の数ゼロ

チャールズ・サイフェ(著)

ハヤカワ文庫

 

ハヤカワ文庫の「数理を愉しむシリーズ」読んだのはこれが初めてだが,どちらも素晴らしかった。世界の見方が変わるような本であった。強いて言えば "ゼロ" の方が読みやすいかな。多くの方に,おすすめしたい。

 

難しい話ではある。それをこれほどまでにわかりやすく,退屈することなく読ませるとは,プロのサイエンスライターの凄さを垣間見るようだ。一線の研究者が書く本ももちろん素晴らしいものが多いが,研究者への負担が大きい。研究者の出す実際の研究成果に対して,世に出回る情報がどうしても限られてしまう。その点,サイエンスライターという職業は,科学の難しい話を一般にわかりやすく語ることを専門としている。一般的に言って科学の面白さを伝えるという点においては,本職の研究者よりも一枚も二枚も上手と言えるだろう。

 

日本ではまだ見られない職業だと思う。いずれは日本でも本職のサイエンスライターが当たり前となるくらいに,科学が身近に感じられる世の中になると良いと願う。まずは,ここで紹介した二冊をもって皆さんも,科学の深みを,それから我々の生きる世界の深みを,じっくり味わってみてはいかがだろうか。

 

見聞読考録 2019/03/30