見聞読考録

進化生態学を志す若手研究者のブログです。NZ 在住。

暖炉の火

ニュージーランド/北島の学園都市・パーマストンノースの冬は,どうやら雨が多いようだ。そろそろ6月に入ろうというこのところ,毎日のように冷たい雨が降っている。寒空に降りしきる灰色の雨を見ていると,寂しくも美しいオランダの冬を思い出す。

 

夜になると,暖炉に火を入れる。薪を組んで燃やすのも手慣れてきた。美しく組んだ木々が燃える様を見ていると,だんだんカルシファに見えてくる。そして「綺麗な火だねぇ〜」と,声をかける。このところの日課である。

 

今日も我が家は平和である。

 

 

見聞読考録 2019/05/30

コーヒー + エタノール

標本整理を進める昨今。貝類や昆虫の液浸標本を作るには,エタノールを使う。

 

組織を保存しようとするのなら,70% ほどのエタノールに漬ける。DNA を保存しようとするのなら,筋肉などの組織を100% に近いできる限り純粋なエタノールに漬ける。

 

単純だが,とても大事な行程である。特に DNA 解析用のサンプルを長期保存しようとするなら,ここで手を抜くのは致命的となる。

 

浸した組織には当然,水分が含まれている。それを純粋エタノールに漬けても,組織の水分で希釈され,保存液であるエタノールの純度が下がってしまう。

 

よって,一度エタノールに浸した数日後に,純度の下がってしまったエタノールを交換する。そうすることで,エタノールの純度を高く保ち,DNA の長期保存を可能にするのである。

 

今日は,そういう作業をしていた。昆虫のエキスが溶け込んだエタノールを廃液用のカップに捨て,新しいエタノールを加える。ラベルを入れ,フタを閉じる。淡々とした流れ作業である。そして,事故は起きた。

 

疲れたので,コーヒーを飲む。すぐに吐き出した。

 

なんだこれ,まずい。強烈なエタノールの味がする。なんだか不思議なエキスが溶け込んでいる気がする。お,おえぇぇぇ。。

 

途中から無意識にコーヒーのカップに古いエタノールを捨てていたらしい。酷い目にあった。

 

奥の方に何かまだ残っている気がする。。う,うえぇぇぇ。。

 

 

見聞読考録 2019/05/29

冬支度

パイン材やら Cupressus macroparpa(マクロカルパ)やらの薪を 4 m^3 まとめて 450 NZD で購入した。今月始めのことである。

 

f:id:kenbun:20190429202358j:plain

f:id:kenbun:20190429202641j:plain

 

NZ はすっかり秋めいて,雨降りの日などはすでに肌寒いほどである。ついに暖炉に火を入れるようになり,二度目の冬を間近に感じるようになった。

 

f:id:kenbun:20190429202451j:plain

 

気づいてみればこちらに来て、もう 9 ヶ月も経ったらしい。早い。あまりに早い。しかしとても充実した 9 ヶ月であった。フィールドシーズンも終わりに近づき,もうそろそろ室内の実験に取り掛かりたいところ。

 

言った側から,明々後日から一週間以上も調査旅行に出かけるんだけれども。今シーズン最後のまとまった調査になる予定なので,許してほしい。

  

見聞読考録 2019/04/29

 

イースター・デイ!

今日は,イースターである。春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に行われる祝の日だ。

 

日本語では,復活祭と言う。イエス・キリストが,十字架に架けられた三日後に復活したことを祝う日として,海外ではクリスマスよりも重要視されているとも聞く。

 

f:id:kenbun:20190421144441p:plain

 

二年前にベルギーのアントワープ動物園を訪れた時も,ちょうどイースターの時期で,動物園にイースターの飾り付けをしたのか,それともイースターのお祭りに動物を持ち込んだのかわからないくらいに,盛大に祝われていたのを覚えている。

 

ここニュージーランドでもやはり,重要な祝日であるようで,年末年始すら休まなかったスーパーマーケットも,軒並み店を閉じていた。イースターの前の金曜と後の月曜も,基本的に休みだ。金曜に大学に行ったところ,廊下まで暗くてびっくりしてしまった。

 

このお祭りが日本に持ち込まれるのはいつになるだろうか。理由も知らずにお祭り騒ぎをするのが好きな人が多いようだから,上手く踊らせれば定着してもおかしくはないと思う。旗手は誰になるだろう。鶏卵業界だろうか,それともバレンタインデーのようにまたチョコレート業界が流行らせるのだろうか。

 

僕は踊るのは苦手だ。どちらか選ぶとしたら踊らせる側になりたいと,いつも邪に眺めている。

 

見聞読考録 2019/04/21

調査許可

やっと調査許可が下りた。かれこれ半年くらいかかっただろうか。

 

これまで私有地や市町村の管轄する森林を狙って,ちまちまと許可を申請し調査してきたが,これで DoC の管轄する国有の保護区をドカッと調査地にできる。何せ並み居る国立公園など 26 もの保護区内での調査許可が,いっぺんに下りたのだ。いやはや長かった。

 

やったぜ!やったるぜ!

 

 

見聞読考録 2019/04/18

歴史はべき乗則で動く/異端の数ゼロ

手元に現物があるうちに,書いておこうと思う。ずーっと昔(四年前くらい?)に読み始めて,最後の方まで読んだのに,読みきる前になぜか放ったらかしになっていた本を二冊読んだ。

  

f:id:kenbun:20190330111936j:plain

 

歴史は「べき乗則」で動く

マーク・ブキャナン(Mark Buchanan・著)

ハヤカワ文庫

 

異端の数ゼロ

チャールズ・サイフェ(著)

ハヤカワ文庫

 

ハヤカワ文庫の「数理を愉しむシリーズ」読んだのはこれが初めてだが,どちらも素晴らしかった。世界の見方が変わるような本であった。強いて言えば "ゼロ" の方が読みやすいかな。多くの方に,おすすめしたい。

 

難しい話ではある。それをこれほどまでにわかりやすく,退屈することなく読ませるとは,プロのサイエンスライターの凄さを垣間見るようだ。一線の研究者が書く本ももちろん素晴らしいものが多いが,研究者への負担が大きい。研究者の出す実際の研究成果に対して,世に出回る情報がどうしても限られてしまう。その点,サイエンスライターという職業は,科学の難しい話を一般にわかりやすく語ることを専門としている。一般的に言って科学の面白さを伝えるという点においては,本職の研究者よりも一枚も二枚も上手と言えるだろう。

 

日本ではまだ見られない職業だと思う。いずれは日本でも本職のサイエンスライターが当たり前となるくらいに,科学が身近に感じられる世の中になると良いと願う。まずは,ここで紹介した二冊をもって皆さんも,科学の深みを,それから我々の生きる世界の深みを,じっくり味わってみてはいかがだろうか。

 

見聞読考録 2019/03/30